内出血とは

内出血とは何なのか

ここでは内出血とは何なのか、詳しく説明していきます。

内出血とは、体内の血管が何かしらの衝撃を受けて傷付くことで、血管が破れて血液が体内で出血してしまった状態を言います。主に打撲や打ち身、捻挫などで内出血を起こしますが、外傷を負わなくても内出血を起こすこともあります。

ほとんどが固いものにぶつかったり外部からの強い衝撃によるものですが、稀に病気によって内臓から出血したり血管を損傷したりすることで内出血を起こすことがあります。


sponsored link




内出血は血管が通っているならば体のどこででも発生する可能性はありますが、動かすことの多い手足や頭部など体の末端部分で起こすことがほとんどです。
子供の頃に誰でも一度は経験がありそうな「たんこぶ(頭出腫)」も同様に内出血の起こす現象の一つです。

ちなみに体内で出血した場合において内出血と呼ぶので、一般的に聞く機会の多い脳溢血(脳出血)は内出血に含まれます。また脳内出血、くも膜下出血なども脳内における内出血を指します。


このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 内出血のメカニズム

⇒ 原因について

⇒ あざの色と症状


⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
naisyukke2★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。