内出血を起こす病気

紫斑病

ここでは内出血と関係する病気、紫斑病について詳しく説明していきます。

紫斑病は血管炎や血管の脆弱性、血管の閉塞といった原因によって体内で微出血を繰り返す病気で、内出血部分が赤紫や青紫の色のあざが出来るのが特徴です。
紫斑病にはいくつか種類があり、以下に説明していきます。

単純性紫斑
四肢、特に下肢に多く現れ、しこりがない点状の出血斑です。血液検査も異常がなく原因不明のことが多いですが、血管の弱さが関係していると考えられています。
20代女性が多く、春と秋によく見られ、疲れが溜まった時や月経の時に悪化しやすい傾向にあります。
アレルギー性紫斑
別名「血管性紫斑」「シェーンライン・ヘノッホ紫斑」とも呼ばれます。小児に良く見られ、紫斑と共に腹痛や下痢などの腹部症状と関節痛を合併するのが特徴です。
様々なウイルスや細菌の感染症に続発し、特に溶連菌感染症に続発します。自身の免疫反応に異常が起こることが原因と考えられています。


sponsored link




血小板減少性紫斑
特発性(ITP)と血栓性(TTP)の2つに分かれます。特発性血小板減少性紫斑は特定疾患として認定されている難病です。抗体によって血小板が破壊される病気で、その原因は不明です。血栓性血小板減少性紫斑は全身の血管に血栓が出来てしまうことで血中の血小板が減少し赤血球が破壊されてしまう病気です。
慢性色素性紫斑
複数の型があり、代表的なのがシャンバーグ病と呼ばれます。下肢、特に太ももの裏側に多く現れ、中年以降の男性に多く見られるのが特徴です。症状は慢性的に経過し、原因は不明です。
老人性紫斑
腕や顔面に多く現れ、高齢者によく見られるのが特徴です。加齢に伴う皮膚や血管の老化によって、わずかな衝撃でも皮下出血が生じてしまうものです。
ステロイド紫斑
治療の一環として長期に渡って使用したステロイドの副作用が原因です。主にステロイド外用薬の多用により、毛細血管の血管壁が脆くなって皮下出血を起こすものです。


このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 血友病

⇒ 白血病

⇒ 糖尿病


⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
naisyukke2★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。