内出血の治し方

応急処置の正しい方法について

ここでは内出血の処置と治し方、RICE処置について詳しく説明していきます。

内出血だけではなく、捻挫や靭帯損傷、肉離れや骨折など様々な怪我を負った際に有効な応急処置があります。応急処置の基本となる4つの処置の頭文字を取って名付けられた「RICE処置」と呼ばれる方法で、おおよそどのような怪我に対しても治療効果を高める処置ですので、これを機会に是非覚えておきましょう。

R・・・REST(安静・安静にする)
内出血を起こしている部位は安静が必要です。症状が出たにも関わらず負荷をかけ続けると治癒が遅くなります。
I・・・ICE(アイシング・冷やす)
患部を冷やすと血管が収縮し、出血や腫れを抑えると共に痛みを和らげます。
C・・・COMPRESSION(圧迫・固定する)
患部より少し心臓に近い部分を圧迫・固定することで、腫れや出血を抑えることができます。
E・・・ELEVATION(高挙・挙上)
内出血した部分を心臓より高い場所に挙上することで、腫れの状態を軽減させることができます。


sponsored link




内出血を起こした後に、RICE処置を行うことは非常に重要なことです。RICE処置によって、その後の治療の期間が短くなります。ただし、RICE処置は治療ではありません。内出血の原因が打撲でも骨折の疑いがある場合、病気が原因の疑いがある場合などは、必ず病院で適切な処置を受けるようにしましょう。


このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 内出血を早く治す方法

⇒ あざの色と症状


⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
naisyukke2★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。