頭部の内出血

目の内出血について

ここでは頭部の内出血、目・眼球の内出血について詳しく説明していきます。

眼球の内出血と聞くと、目の充血のことかな?と思われる方も居るかもしれませんが、充血と眼球の内出血は違います。充血は何かしらの原因によって結膜や強膜の血管の血液量が増え、血管が拡大することで白目の部分が赤く見えるものです。
対して眼球の内出血はその名の通り、眼球内で出血を起こしている状態です。

眼球を打撲する機会というのはそう多くはありません。目に向かって何かが飛んできても、条件反射でとっさに顔を背けたり手で守ったりすることがほとんどです。
しかし乳幼児や高齢者の方の場合や、ボクシングなどのスポーツなど眼球に衝撃が加わる状況では起こりやすくなってしまいます。


sponsored link




また眼球の内出血でよく見られるのが、結膜下出血です。原因は外傷だけでなくアレルギー性結膜炎やウイルス性結膜炎など結膜炎によるものや、血液疾患や高血圧など様々な病気の症状として現れることがあります。老化によって結膜上皮と結膜下の組織との接着力が弱くなって、そこを横切る血管が眼球運動などで破れてしまい出血することもあります。白目が血の色で真っ赤に染まるので、充血とは見た目にも容易に区別出来ます。
その様子を見ると不安になって「もしかしてこのまま失明してしまうのかな?」と心配してしまいますが、適切な処置を行えば失明に至るケースは非常に稀です。(眼底出血を伴っている場合は失明することもあるので注意が必要です)


このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 頭蓋内出血

⇒ 顔の内出血

⇒ 首の内出血


⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
naisyukke2★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。