頭部の内出血

顔の内出血について

ここでは頭部の内出血、顔の内出血について詳しく説明していきます。

「顔は女の命」という言葉もあるほど、女性は自分の顔は大事に扱うものです。外出時はメイクアップして就寝前はスキンケアをして、と10代の若い頃から毎日手入れを欠かさない方も大勢いらっしゃいます。
しかしながら、なんとおよそ9割以上もの女性が自分の顔の中に何かしらのコンプレックスを抱えていると言われています。確かに自分の顔が人にどのように見られているのかは気になるものですが、9割以上となるとほとんどの方が自分の顔の一部もしくは全体的に悩みを抱えていることになります。もちろん割合は減ったとしても女性だけでなく男性も同様の事が言えます。

そんな方にとっては治るまでの間とても辛いのが顔の内出血です。実は顔の内出血は手足に次いで多いです。何かにつまづいて転んだ時、ボールが飛んできてぶつかった時などが多いですが、喧嘩をして殴られた時なども実際多く見られます。


sponsored link




顔の構造上、頬や顎は飛び出す形をしている為ぶつける機会も多く、皮膚も厚いことで皮下出血を起こしやすいです。顔を殴る場合も頬や目をめがけて拳をぶつけることが多いので、目の周りや目の下に目を覆うような形であざが出来ます。
ボクシングの壮絶に打ち合った試合後の選手の顔を思い浮かべて頂けると分かり易いと思います。

また受傷後に出来たあざが治るまでのしばらくの間は、眼帯や絆創膏で隠します。あざの色が黄色になったら、女性の場合であればチークなどを使ってメイクで隠せるでしょう。とはいっても、その間は人目が気になってしまいますし、やはり内出血を作らないように気を付けていきたいものです。


このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 頭蓋内出血

⇒ 目・眼球の内出血

⇒ 首の内出血


⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
naisyukke2★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。