内出血を起こす病気

白血病

ここでは内出血と関係する病気、白血病について詳しく説明していきます。

白血病とは主に白血球が異常に増殖し続ける病気で、別名「血液のがん」とも呼ばれています。血球を作る幹細胞が骨髄中で癌化して白血病細胞になると、正常な寿命を超えて増殖し続けます。白血病の原因は不明ですが、血液細胞の遺伝子が何かしらの原因によって傷付けられることで、突然癌化すると考えられています。

白血病の症状として、息切れ、動悸、倦怠感、顔面蒼白などの貧血症状、発熱、出血症状などがあります。そして、気付かないうちに手や足などに青い痣が出来ていることもあります。特にどこかにぶつけた覚えもないのに、色目の濃いしっかりとした青あざがある場合や、何日何週間と経っても治りにくい場合、それらが複数と増えてきている場合は、白血病の症状として現れている可能性も高まります。


sponsored link




急性白血病の治療は、抗がん剤を投与し寛解を目指します。寛解とは一時的に正常の状態に戻す事を言います。抗がん剤治療は副作用や合併症も強く出ることで有名ですが、治療を行わないと数年後までにはほとんどが死に至ります。闘病生活も非常に辛いものとなってしまいます。


このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 紫斑病

⇒ 血友病

⇒ 糖尿病


⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
naisyukke2★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。