内出血とは

内出血の原因

ここでは内出血の原因について、詳しく説明していきます。

内出血の原因として最も多いのは、打撲や打ち身です。何かにつまづいて転倒した時、不意に何かにぶつけた時、予期しないものがぶつかってきた時など、日常生活の中ではちょっとした衝撃でも自分の意図しないものであれば打撲してしまいます。
これは打撲の次に多い捻挫でも同様の事が言えます。

打撲や捻挫などの外傷時の内出血は、ほとんどの場合自然に治ってしまうものですが、注意しなければならないこともあります。例えば頭部の内出血に関しては、些細な衝撃であってもやはり軽視するべきではありませんし、骨折による内出血も場所によっては出血量が増えて危険なこともあります。また、胸や腹部などの胴体における内出血は重篤なことも大いに有り得ます。


sponsored link




他にも病気による内出血もあります。血小板減少性紫斑病という病気や白血病の場合は、血液を凝固する作用のある血小板が減少し出血しやすくなるので、軽い程度の内出血でも最悪命に関わることもあります。血友病も血液凝固因子のうちVIII因子、IX因子の欠損や異常によって、関節出血や筋肉出血などを繰り返してしまいます。


このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 内出血とは

⇒ 内出血のメカニズム

⇒ あざの色と症状


⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
naisyukke2★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。